ヤマハ No,G2A 出庫

工房では、冬から修復していたヤマハ No,G2Aが先ほど出庫しました。

響板が茶色く、弦がところどころ切れていて弾ける状態ではありませんでした。

修復前のブログはこちら↓

ヤマハ No,G2A 響板修理① 脱弦

今日は、岡田運輸さんがピアノを引き取りに来るまで、最終調整や出庫前の準備をしました。

IMG_3675

 

弦を新しく張り替えたり、ハンマーを交換したので新しいフレッシュな音で、キラキラした明るい印象です。

 

このピアノは、大々的な修理だったので、ピアノの本体の状態も変化しているので、新しく張られた弦が本体に馴染むまで、数年かかります。

なので、ピアノを弾いて時間が数年経過すると、音も変化していきます。

そんな変化も感じられるのが、修復したあとのピアノの楽しみでもあると思います。

by真帆

 

追伸

出庫の様子をyoutubeにアップしました。

出荷動画 G2A I様

最近は工房の様子や作業の動画を撮ったりしています。

動画で見てみると撮っている私たちも新鮮で楽しいです!

 

おすすめ記事↓