Pleyel AL 本体掃除 駒磨き

鉄骨上げ

鉄骨上げ作業

スペースの問題で、倉庫内で鉄骨を上げました。バランスをみつけるのに一苦労しました。

本体を工房に移した後、今後の作業で邪魔になる鉄骨支柱ボルトを、寸法測定後に外しました。

支柱鉄骨ボルト抜き

駒ピン磨がき

所々深いサビもありましたが、きれいになりました。駒ピン交換はしない予定です。

駒ピン磨き風景


駒ピン上面磨き

 

響板の裏の掃除

本体裏側立てた後

雑巾がひどく汚れました。ホールではなく、長い間住居にあったので仕方がないです。

フルコンは、なにやるにしても、大きく重くて本当に大変です。

孝則

Pleyel AL 解体作業

6月から、諸々の状態を観察確認、測定、撮影などをし、解体作業を進めています。

今回の作業は3月半ば納期と決まっています。どんどん進めて問題を見つけて列挙し、出来る人に仕事を振っていかないとなりません。
私は親方的な役割が求められます。自分で手を動かしてやるのが楽ですが、それでは間に合いません。冷静に進めていくつもりです。

外装 鍵盤蓋 内部 正面

セラック塗装の剥がれが、特に高音側板に見られます。

塗装 高音側板

歪みがあるのか、鍵盤蓋を開閉する際に擦れた跡があります。

外装 鍵盤蓋の開閉時の擦れ跡

外装を塗装屋に出して、ポリウレタン塗装することを考えてましたが、厚塗りになるので、更に鍵盤蓋を開閉する際にこすれあってしまうし、他の箇所でも擦れる結果になると予想できたので、工房で薄塗りで仕上げることにしました。下地素地調整をしっかりやらないとならず、大変にはなりますが、頑張ろうと思います。

脚 高音部 キャスター

脚は、飼い犬におしっこをかけられていたそうで、サビが大変ひどく、木材の心材の状態によっては作り直しです。

倉庫にあったピアノをメインの工房に入れました。ギリギリ入りました。

内部全体

内部全体

解体作業に入る前にます。まずは現状で弾いてみて、探っていきます。

現状の確認 試し整音

いろいろ確認し、スタインウエイ系の技術者によって、オーバーホールされていると判断しました。ハンマーも変えてあり、タッチウェイトも確認しましたが、次高音域では大変重くなっていました。ダウンウェイトが通常約50g強いのところ、70gでも落ちないところもありました。本来どのような音だったのかは知る余地もなく、知識のある技術者に相談したり、作業を進めながら感じていき、どのようなハンマーにすべきか決めようと思います。
解体前にはピアニストの筒井一貴さんにも弾いてもらい、感想をいただきました。写真撮り忘れてしまいました。

脱弦作業では、一本ずつピン味を確認しながら少しずつ音を下げていきました。作業途中にすべての弦の太さと長さを測定し、脱弦しました。

脱弦作業

ピンを抜く作業でもピン味を確認し、ピン板に負担をかけないように抜き取りました。

ピン抜き作業

鉄骨のボルトも全て外し、鉄骨を上げるため再び倉庫に移動しました。

鉄骨上げ準備 広角画像

次回は鉄骨を上げます。

孝則

 

HORUGEL 出庫

久しぶりの投稿となってしまいましたが、皆さんお元気でしょうか。

7月2日に出庫しました。1年7か月も工房にあり、いろいろ悩んで考えて進めていったので、無くなったときは喪失感で一杯になりました。
外装は出荷直前まで専用シートに保護していたかったので、出庫日に仕上がりの画像や動画を撮影すると決めていました。しかしこの日の未明に起きたau通信障害などにより、運送屋さんが予定より早い早朝9時になることを事前に知らず、、。
残念ながら撮影できなかったので、前日に作業中に具合を確かめるために撮影した演奏動画と、出庫作業動画(タイムラプス)をアップします。

演奏動画(TSUNAMI 即興アドリブ)

出庫動画(外装のフィルターを外し終わった直後に運送屋さんが来てしまった。)

音は、響板を復活させたので、古く平たくなった感じの音が無く、大きく豊かになるようになり、低音から高音まで十分に出る楽器になったと思います。なんとも言えない味と個性もあり、いい感じになりました。

出庫の数日後、これだけ待たせてしまったのにも関わらず、関係者の方から「とても良い音で本当にありがとうございました」と連絡があり、大変ホットしました。

今回は、ご家族の思い出のあるピアノ、とのことで、愛犬にかじられた脚は、かじられた跡が残ったままにしてあり、鍵盤もきばんだままで、真ん中のドの音にはシールも付いてるままで仕上げました。
それらも含めて完成した画像を取りたかったのですが、通信障害という日と重なり不可能になりましたが、お客様がプライベートを大事にされたい方とも想像出来たので、これでよかったのかなと思っています。
今後のメンテナンスは私ではなく、他の知らない方が見てくださるとの事ですが、末永く使ってくれるといいなと思っています。

HORUGEL 最終調整

例年よりも早く、夏の曲が頭の中にながれてしまう季節になりましたが、皆様いかがおすごしでしょうか。

一年半以上かかったピアノが、明日の出荷に向けて再調整と確認作業をしてます。今日のBGMはサザンです。

本当にいろいろあった1年半、出ていくのがさみしい気すらします。音楽をしたくなる、いい楽器になったと思います。

もう少し、あともう少し磨いていきます。

ホルーゲル 最終日

孝則

プレイエル 1952年製 フルコンサートグランド

先週入庫したプレイエル。

工房で初めて受け入れるフルコン。

これだけ大きく、歴史的なものは、いつも以上に段取りに慎重さを必要とする。

プレイエル 1952年製 フルコン

一番綺麗に見える角度からの写真。黒のセラック塗装。反対側はすっかり塗装も色も抜け落ちてしまっている。
塗装屋さんと依頼主と相談しながら、どのような方向に進めていくか決めていく。

音とタッチに関する修復は、工房で決めて進めていく予定。

孝則