HORUGEL 駒修理

工房では、HORUGELの駒修理を進めています。

短駒は、木材が老けて駒ピン部分に亀裂が入り、ピンが緩く、一部は植えてある角度も違っていたので、トップを新しい木材に変えることにしました。

IMG_4751

駒ピンをすべて抜き、短駒のトップを切りとります。

IMG_5596

土台はピンの穴を埋木して使い(上の写真の右)、トップは新しい木材で作ります。

IMG_5600

 

次は長駒です。オーバーハング※している部分のトップの裏側を見てみると、無数に穴が開いていました。製造時に穴あけを失敗した跡がそのまま残っていました。

IMG_5557

 

※オーバーハングとは、低い音ほど弦長が必要なため、響板の端に駒が来てしまうので、なるべく響板の中央に位置させて弦振動を効率よく伝わるようにするものです。

IMG_4372

 

埋木すべき穴が多すぎて、中音部のトップも交換することにしました。

写真左が新しい駒トップ、中央がオリジナル、右が新しい駒のオーバーハングと土台です。

IMG_5601

 

予期せぬことが非常に多く、想像以上に手がかかる修理になっています。焦ったらいい結果につながらないので、辛抱強く進めています。

by真帆

 

Stteinway & Sons K型 整調

工房では、Steinway & Sons K型の修理を終えて、整調作業に入りました。

まずは、整調の工程を一巡して、ピアノの全体を把握します。

今回は、ミドルエンドのハンマー弦合わせをしているとき、オーバーダンパーのワイヤーがハンマーと擦れてしまう問題が見つかりました。

擦れないようにワイヤーを曲げて、更にハンマーとワイヤーの間隔も揃えました。

IMG_5576 (1)

ハンマーレールを取り付けるときに、固定しているL字金具が折れてしまいました。

(下の写真の金色のレールがハンマーレールです)

IMG_5573
低音側の左端のL字金具は左を向き、他3つあるL字金具は右を向いている形です。
取り外しには低音側のL字金具を曲げるしか方法がありません。取り付けた後、アクションを持ち上げようとしたとき、ハンマーレールが外れてしまい、見てみるとL字金具のねじ切りしてある根元の部分で折れていました。

IMG_5572

折れてしまったので、バックチェックワイヤーを加工して、L字金具を作りました。
ワイヤーが細かったので、レールの穴を埋木して、穴をあけ直しました。
下の写真のL字金具がはまっている部分は、元々ゴムでしたが、L字金具のワイヤーがオリジナルより細いので、隙間ができてガタガタしまうことと、そもそも裂けて壊れていたので、L字金具がガタガタしない厚さのクロスに変えました。

IMG_5571

 

整調はハンマーの走り、傾き、間隔直しからハンマーストップまで一巡し、少し働きが多い印象のタッチになりました。
これから、タッチの方向性を決めて、二週目の整調に入ります。

by真帆

HORUGEL 駒修理

工房では、HORUGELの駒修理に入りました。

駒は上面が割れているなどの大きな破損はなかったため、オリジナルの駒を剥がして使うことにしました。

IMG_20210312_124255

通常だと接着ががっちりされていることろなので、簡単には取れない部分ですが、接着剤もはがれやすくなっていました。

IMG_20210312_153059

古い駒ピンを抜いていきます。木がやせていて、ピンを簡単に抜くことができました。ピンが緩いと、雑音や弦の一本うなりの原因になります。穴あけやピンの緩さをみて、修理が必要な個所がでてきました。それについては後日のブログで書きます。

IMG_4751

駒の土台は亀裂が入り、木が老けて縮んでしまい、サイズが合わなくなったので、新しく作ることにしました。

IMG_4799

駒の土台作り

ブナの木材を張り合わ、形を加工していきます。形はオリジナルの土台と同じにして、大きさは駒本体に合うように作りました。

IMG_5529

 

上 長駒の土台 下 短駒の土台

IMG_5560

 

次は短駒の修理に入ります。

by真帆

小学2年生 生活科「町探検」

今週は、宮原小学校の二年生の生徒さんが、課外授業「町探検」の一環で、今年も工房にたくさんの子供たちが来てくれました。
お隣のパン屋さんに行くグループとピアノ工房に来るグループ、そして保護者の方や先生で、お店の前は子供たちがいっぱい集まってとても賑やかでした。
因みに町探検の写真は、プライバシーの関係で撮影しませんでした。

工房とパン屋

いつもは、午前中の2時間の間に、一つのグループで7人ずつ来るのですが、今年もいつもとほぼ同じ生徒数なのに、コロナ禍の影響もあるのか、1時間で一つのグループ5人ずつだったので、いつもよりも多くのグループを半分の時間でさばいていく感じでした。子供たちは質問をして少しピアノの中を見ているうちに次のグループが来ているので次、という感じでゆっくり質問や見学ができなかったグループもありました。

そんななかでも、ピアノの中に興味津々な子もいれば、工房や機械や工具に興味がある子もいて、各々気になったことを質問したり、デジカメで写真を撮ったりしていました。子供らしい質問も多く、中でもドキッとしたのが、「どうして鍵盤によって音が違うんですか?」という質問。何から説明していいか私が固まってしまい、朋子さんがピアノの中を見せながら音を出して説明し、みんな納得していました。
短い時間でしたが、とても濃い時間になりました。子供たちにも印象に残ってくれていたらうれしいです。

by真帆