イースタイン アクション修理②

工房では、イースタインB型 アップライトピアノのアクション修理を進めています。

スプーン磨きをしました。

名の通りスプーンのような形をしている部品です。白く錆びてしまい、表面はヤスリのようです。

コンパウンドで磨くと、表面に出た錆びも綺麗に落ちました。頑固な錆びが多く根気のいる作業になりました。

ダンパーロットも磨きました。

ダンパーペダル(右)を踏んだときに、このロットがダンパーを持ち上げます。

ロットの表面がガサガサしていると、ペダルを踏んだときの雑音の原因になります。

 

スプーンほど頑固な錆びは少なかったので、コンパウンドで磨くと、比較的すぐに落ちました。

ダンパーの修理に入り、レバークロスの交換をしました。

クロスの中の網目が見えるほど削れています。この部分と接している部品がスプーンです。

そして、クロスの上の辺りの少し黒ずんでいる部分にダンパーロットが当たります。

新しいクロスに交換しました。

ダンパースプリングも汚れている状態だと滑りが悪く、ダンパーペダルを踏んだときに、パチッとなることがあるので、こちらも拭き取りました。

前回のブログ アクション修理① でもありましたが、クロスやフェルトなどと接する部品の表面が荒れているとクロスやフェルトを削ってしまい、ゴソゴソした引っかかりのあるタッチや雑音の原因になります。

それを一つ一つ取り除くと、それだけでタッチ感や弾きやすさが変わっていきます。

次はハンマー修理に入ります。

by真帆

イースタイン アクション修理①

工房では、イースタインB型 アップライトピアノの修理を進めています。

まず、キャプスタンの上面を磨きました。

キャプスタンの上面が荒く、ザラザラしている状態でした。

上面をサンドペーパーの荒い番手から細かい番手へとかけていきます。

荒れていた上面が徐々に滑らかな手触りになって行きます。

黒鉛を塗って更に滑らかにします。

黒鉛を磨いて見た目もつやつやになりました。

ウィペン修理に入りました。

埃が溜まりやすいところなので、触るとすぐ手が真っ黒になるくらい汚れていました。

これから修理に入るので、まず掃除をして綺麗にしました。

修理に入り、ヒールクロスの交換をしました。
ヒールクロスは、削れてクロスが凹んでいました。
これは先程黒鉛を塗って磨いたキャプスタンの上面と接する部分です。

おそらく、キャプスタンがクロスを削っていたのでしょう。

古いクロスを剥がし、新しいクロスに張り替えました。

小ジャック(黒鉛が塗られている部分)が、ガサガサになり、接するクロスを削っていました。最初に登場したキャプスタンも同様に、クロスやフェルトを削るくらい表面が荒いと、鍵盤を弾いたとき、ゴソゴソした感触を感じたり、雑音の原因にもなります。

荒い番手から細かい番手へサンドペーパーをかけていき、黒鉛を塗り磨きます。これでゴソゴソした引っかかりのあるタッチから、滑らかなタッチに一歩近づきました。

次は、他にもゴソゴソした引っかかるようなタッチの要因になる箇所があるので、その修理に入ります。

by真帆

イースタイン  鍵盤修理

工房では、新たにイースタインB型のアップライトピアノの修理に入りました。

今回はバランスキーブッシングクロスとフロントキーブッシングクロスの交換をしました。

写真の赤いクロスがバランスキーブッシングクロスです。
キーブッシングクロスが摩耗していると鍵盤がガタガタしたタッチになります。

クロスを剥がし、新しいクロスに貼り換えます。
接着剤はニカワを使うので、1鍵づつ手早く貼り、くさびを入れて接着します。

フロントキーブッシングクロスも交換しました。

これで、再び弾きやすいタッチに一歩近づきました。

次はアクション修理に入ります。

by 真帆

ヤマハU1H 仕上げ

工房では、ヤマハU1Hの作業が最終段階に入り、白鍵の鍵盤バフ、調整、調律、整音をしました。

白鍵にバフをかけました。

白鍵上面は、指や爪が当たるので特に傷や汚れが多いところです。

バフをかける前に鍵盤の汚れを落としました。それだけでも綺麗に見えますが、バフをかけると、より艶が出て仕上がりが綺麗です。

(1月9日 作業前の鍵盤)

(2月22日 作業後の鍵盤)

続いて調整、調律、整音を行いました。

調整する前はタッチが重く、バラつきがあり、弾きずらさを感じました。
調整を進めるうちに重さがとれ、タッチを揃えることでバラつきもなくなり、しっかりとしたタッチになりました。

調整、調律までやると、そのピアノの音がどんな音なのかが見えてきます。
音質、音量のバラつきが気になったので、ハンマーの打弦点が全て弦にあたるようにハンマーを整えました。
全て弦にあたっていると音の粒がそろってきます。
しかし、音が薄く、奥行が少なかったので、ハンマーに針刺しをしました。
音が厚くなり、音色、音量共に全体のバランスもよくなりました。

作業が終了しました。来週出庫の予定です。
これからはたくさん楽しんで弾いてもらいたいです。

by真帆

ヤマハ U1H 鍵盤木口交換

工房でのヤマハU1Hの修理は終盤に入りました。

今回は、鍵盤木口交換についてです。

鍵盤木口は下の写真の部分です。

上面は綺麗でも、木口が変色して茶色っぽくなってしまうことがあります。

木口を剥がしていく作業が大変でした。

鍵盤木口を剥がす場合は、木口部分に蒸気を当てて、剥がしやすくなるものが多いのですが、今回は剥がれないタイプのものだったため、治具やノミ、刃物などを使い剥がしていきました。鍵盤上面を傷つけないように、気を付けて行いました。

(残念ながら、この作業は写真は忘れてしまい、ありません)

木口の樹脂を剥がした後、木の面を平らに加工し、新しい木口を貼り付けます。

青いシールはキズ防止です。このシールを剥がし、木口が大きい分加工していきます。

加工後は角が立っていて、指に当たると痛いくらいでした。なので、しっかり面取りします。

綺麗な白い木口になりました!

次はアクションの調整を進めていきます。

by 真帆