ホルーゲル 響板塗装

ホルーゲル(GP) 響板塗装

最近は季節の変わり目を感じますね。体調管理には気をつけたいです。

さて、工房ではホルーゲルの響板修理が終わり響板塗装に入りました。
今回は響板塗装です。古い塗装を剥がし、新しく塗装し直しました。

写真は響板修理後の写真です。

KIMG1074

響板修理が終わり、響板についたニスを剥離している最中の写真です。

DSC_2241

剥離後すぐに新しい塗料を塗って終わるほど、この仕事は簡単ではありません。
サンドペーパーなどを使い、表面の状態を均一にしないとなりません。手のひらを使い、上面の手触りがある一定の肌触りになるまで、丁寧に進めていきます。下地を整え、何度も確認をした後、塗装をしました。因みに今回は、この作業を合計3回繰り返し行いました。

IMG_0364

始めの写真の響板修理後の写真には写っていますが、次の写真にはメーカーのシンボルマークのデカールがありません。今回は響板の割れがデカールの絵に入っていたため、剥がして作り直すことにしました。

DSC_2557

上の写真は、完成した新しいデカールを親方が慎重に張っているところです。作成から延べ一週間かかったそうです。

DSC_2560

デカール完成です!

IMG_0383

3回目の塗装(仕上げ)をした後の写真です。ツヤツヤに仕上がりました。 ホルーゲルのデカールは絵がとても凝っていて、響板塗装の仕上がりもより締まってみえます。

響板もデカールも綺麗になりました! 今後は鉄骨をピアノと合体させて、組み立てていきます。

そして、もう一台のホルーゲル(UP)が入庫しました。

IMG_0380

修理に入るのはまだ先になります。
外装の諸所にこだわりを感じるピアノです。
まだ、修理前なので、弾ける状態ではありませんが、音を出してみると暖かく深い音がしました。
後日改めてこのピアノについてのブログを書く予定です。

by真帆

YAMAHA C5 お客様の元へ

先週あたりから、外の空気が少し柔らかくなり始めて気分もほっとしています。あんなに聞こえていたセミの大合唱は、いつの間に無くなり、季節の移ろいを感じますね。

工房では、YAMAHA、モデルC5がお客様の元へ戻っていきました。

出庫前のピアノ
KIMG1181

弦の交換後、ハンマー交換等の修理を終えて、整調・調律・整音作業をしていきました。整調作業では、弾きやすいタッチになるように様々な工程を行います。このピアノを長年調律されていて、今回の修理をご依頼してくださった調律師のYさんに最終の整調作業をしていただきました。整調がどんどん整ってタッチが弾きやすくなると、それに伴いしっかりハンマーが弦を叩き、芯のある音になっていきます。
整調・調律と進み、整音作業では音色の粒を揃え、1音1音がより豊かに鳴るように微調整をします。音を聴く、作業する、を繰り返すごとに音色の変化を感じます。

音色を確認
DSC_2562

針刺しの風景
DSC_2565

整音までの工程が終わったピアノは明るく軽やかな音色はそのままに、更に高級感漂う音色になりました!中音・高音のザラっとした音も無くなり、メロディーラインの響きはふくよかに歌っているようです。今回の修理で長年使用されていたピアノがリフレッシュして、また末永くお客様に愛されるピアノになったと思います。

本体内部も掃除や磨きをしたので、ピカピカになりました!
KIMG1182

戻ってきたピアノに対してお客様は、「おかえりなさい!」という気持ちになられたそうで、そう思って頂けたのはとても嬉しいです。ピアノはこれからもたくさんの歌声を響かせてくれることでしょう。

by志乃