新生釜石教会、津波被害のピアノ修理、音が出るまで。

新生釜石教会、津波被害のピアノ修理。

最後に音を出す作業です。
ピアノは出来上がったてからそのままでは、音の鳴りもイマイチで、新しい部品も馴染むまで時間がかかります。
ピアノメーカーなどでは試弾器という機械があり、数時間~機械がピアノを弾く、工程があります。

工房では試弾を技術者が行います。(人間試弾器です)また試しに曲を弾くこともあります。

出荷までの時間もギリギリ、そしてはじめの音出しは是非良い音がいい!ということで、鍵盤楽器奏者の筒井一貴さんに音出しをお願いしました。
色々な楽器を弾きこなし、楽器の良さを引き出すことができる演奏家です。
また復興支援コンサートを長期にわたりされてます。

KIMG3342

狭い工房の中、グランドピアノと修復に携わった人、演奏家、が集まりました。

KIMG3341

演奏した曲は、新生釜石教会の牧師、柳谷雄介さん作詞、川上盾さん作曲をした曲を弾いていただきました。

教会のシンボルになる曲があればいいなと思い、牧師の柳谷さんに音源を
送ってくださいとお願いしたところ、まさかこのピアノの為の曲があるとは!思ってもいないことでした。

はじめてこの曲を聴いた時、衝撃を受けました。人間でいったら手術中の状態。まだ出来上がってないのに大丈夫か…?(もちろん出来上がりに向かってましたが)と正直思いましが、それと同時に良い楽器にしよう!と更に気合いが入りました。
修復中、工房ではこの曲を流し、口ずさんだり、してました。

音源のみを柳谷さんに送っていただいたので、筒井さんには採譜もしてもらいました。その曲を工房でみんなで歌う…それがこのピアノの音出しになりました。

その時の様子はこちらです。

前半は筒井さんのピアノ演奏、後半が合唱になっています。

工房ができて10年、初めての合唱になりました。まさか自分達自身で歌うことになるとは思いもよらないことでした。うまい下手は関係なく、とにかくそれぞれが精一杯歌いました。

出荷前日。
とても良い時間になりました。

次は工房での最終日について書きたいと思います。

新生釜石教会、津波被害のピアノ修理、アクション修理。

新生釜石教会、津波被害のピアノ修理。

後は中身、アクション修理です。

アクションは泥と海水でこの様な状態でした。

1452748366291

KIMG2513

ほとんどの部品は動きも悪く、後々問題が出てしまう可能性があるので、交換できるものは交換することにしました。アクション部品メーカーの常磐さんにオーダーをしました。

上が古いもの。下がオーダーしたもの。

KIMG3323

 

写真では見にくいですが、細かい所まで泥が入ってしまってました。

ハンマーと呼ばれる弦を叩く部品。
上が古いもの。下が新しいもの。

KIMG3321

新しい部品はピカピカです。

KIMG3222

それぞれ、みんなで新しい部品に取り付け作業をしました。

KIMG3305

KIMG3303

KIMG3326

新しいもの交換するということは、元あるものとのマッチングが大事になります。寸法を計算し、試しに取り付けたり、試行錯誤しながらの作業です。

KIMG3291

果たしてそれが本当に上手くいくのか…。判断決断実行の連続でした。

KIMG3306

全て部品を取り付けたあと、調整をします。

KIMG3345

音が出るまであと少し。

新生釜石教会、津波被害のピアノ修理、張弦。

津波被害のピアノ修理。

ここから音が出るまであと少し。

弦を張る作業です。
鉄骨を響板に乗せてネジを締めてフェルトを貼ります。

KIMG3293

後は弦を張る作業です。
力仕事、踏ん張りどころです。

KIMG3311

KIMG3312

張力もあげて、やっと音がでました。
ここまで長かった!!

後はアクション、中身の修理です。

新生釜石教会、津波被害のピアノ修理、響板修理

新生釜石教会、津波被害のピアノ修理。

今月に入り、修理も大詰め。

まずは響板修理から。
響板はピアノの心臓部。弦の振動を駒を介して響板に伝えます。ピアノにとって、大事なパーツの一つです。

今回、あれほどの津波に被ったにもかかわらず、奇跡的に割れがひとつもない状態でした。しかし海水に浸かってしまっていたので、再塗装をすることにしました。

まずは古いニスをアルコールで剥がします。燃料用アルコールですが、酔っ払いそうな匂いです。

KIMG3278

次に再塗装をする前に、響板の上面を研ぎます。

KIMG3281

サンドペーパーで120→240→320番と段階に別けて研磨し、その後新しいニス塗りをしました。ぬりも何回かに分けて塗ります。
研磨と塗りを何回かして、最後の塗りの前に、響板にロゴを入れます。

通常はそのピアノメーカーのものを響板に付けるのですが、今回の修復は津波という経験をしたピアノ、教会のステンドグラスに文字を入れ、デザインしてもらいました。(文字のデザインしてくれたのは槇山淳子さん。本業は英語の翻訳家。以前工房のホームページのデザインもやってもらいました)

出来上がりが木の色に合うか不安でしたが、試しにニスを剥がす前の響板に貼ってみたら、綺麗にできました。

さて本番。
貼るのも失敗できない慎重な作業。

KIMG3286

綺麗に貼ることができました。

KIMG3289

KIMG3290

その後、再塗装をし、響板修理は終わり。

弦を張る作業です。

津波被害のピアノ修理、駒修理6

新生釜石教会、津波被害のピアノ修理。
駒修理の続き。前回は白かった駒を黒鉛で塗りました。

ここから駒削ぎという作業に入ります。
木を削ぐ深さをノコギリで切り込みを入れます。

KIMG3168

その後道具を揃え、ノミで削り出し。

KIMG3227

作業しにくい所は響板の上に乗り作業しました。

KIMG3240

駒削ぎが終わったらピンの打ち込み。ピンの数456本でした。

KIMG3262

最後に駒ピンの上面を削ります。

KIMG3264

駒の出来上がりです。

KIMG3275

時間はかかりましたが、これでピンや弦が錆びる心配がなくなりました。

他の作業と同時進行で進めてましたが、ようやく次は響板作業です。(^^)