YAMAHA U5 オーバーホール開始

こんにちは。
こちら埼玉は雨の日も多くすっきりしない一週間でした。
そろそろ梅雨の季節でもありますね。

さて工房では新たなピアノの修理が始まりました。

今回の修理のピアノは、以前から親交のあるピアノ調律師、早川忠光さんのお客様のピアノをさいたまピアノ工房にて共同でオーバーホールすること
になりました。
ピアノはYAMAHA U5 (S.46年製)

DSC_0026

早川さんは、技術者歴30年以上で、メーカー問わず様々なピアノに触れていらっしゃいます。ピアノに対してとても研究熱心な方です。

DSC_0028

オーバーホール(全修理)なので、ピアノ本体も解体していきます。

DSC_0036
弦も取り外し、鉄骨(張力を支えている鉄のフレーム)も外しました。

次回は響板修理について報告します。
DSC_0016

by 志乃

PLEYEL 3bis 録音会

5月中旬、爽やかな季節になってきましたね。

今日はPLEYEL 3bis です。
作曲家の三島元樹さん、演奏家の筒井一貴さんが演奏をしに工房に来ていただきました。

KIMG4648

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三島さんは映画や映像Webなどの楽曲提供などをされている作曲家で、精力的に活動されています。

写真はアルバム『flower drips』

DSC_0001

以前、何曲かご自身の作曲した作品をピアノで演奏しているのを聴かせていただく機会があり、とても強く温かい音でした。
筒井さんのコンサートで知り合い、PLEYELにご興味があるということだったので、是非一度ゆっくり弾いて頂きたいと思い、こちらから声をかけました。

工房では少し雑談をした後、三島さんの作曲されたアルバム『flower drips』より何曲か弾いていただき、その中の”ほしぞらのゆりかご”を録音していただきました。その様子はこちらから。

ほしぞらのゆりかご

温かみのある響きで、三島さんの世界観がとても素直に表現されていて、演奏を聴きながら三島さんの世界観に引き込まれました。

新しくミニアルバム『IIE311』も配信されたようです。是非聴いてみてください。

続いては演奏家の筒井一貴さん。
工房では以前から親しくさせていただており、新生釜石教会の津波被害のピアノ、プレイエルのピアニーノ、ベヒシュタインなどの演奏も録音していただきました。
筒井さんはピアノをはじめ、クラヴィコード、チェンバロ、オルガンなどの鍵盤楽器全般を弾きこなす、数少ない演奏家の一人です。
楽器への造詣も深く、鍵盤楽器だけにとどまらず、管楽器なども詳しく、いつも楽しいお話で会話も盛り上がります。
私たちにとって、ピアノ以外の楽器からの考えを持っている演奏家とのコミュニケーションはいつも新しいインスピレーションを与えてもらえます。

1493377497060

 

 

 

 

 

 

今回はエリックサティーを演奏していただきました。
動画はこちら

他にも何曲か演奏していただいたようなのでお楽しみに!

1911年のプレイエル、3bis、ご興味がある方は是非弾きに来てみてください。

KAWAI KU2、修理開始。

関東の桜の季節も終わり、もうすぐゴールデンウィーク。
過ごしやすい陽気になってきましたね。

今日はKAWAIのアップライトピアノ、モデルKU2、1969年製造、の修理に入りました。

DSC_0033

弦や内部の部品の劣化、鍵盤も剥がれていました。
DSC_0038

本体を寝かせ、掃除などの作業に入っています。
DSC_0004

KAWAI、KU2、製造されたのは48年前ですが構造もしっかりして、弾いた感じはやさしい音が出ていました。修理をすればさらに張りのあるいい音が出てきそうです。

これからどの様な楽器になるのか、楽しみです。

PLEYEL,3bis、調整中。

春爛漫…とはいえまだ肌寒いですね。次に暖かくなったら桜も開花しそうです。
今日はPLEYEL,モデル3bis、鍵盤修理も終り、調整に入ってます。


ハンマーは2012年の修理の際にフランスのハンマー屋さんに送り、フェルトを巻きなおしてもらっています。Desfougeresさんという、パリにあった(現在は郊外にアトリエを移転)ピアノハンマー屋さんです。古いピアノのハンマーのフェルトを程よい重量と弾力で巻きなおしてくれる世界でも他にない、ハンマーメーカーです。(ちなみに現代のハンマーをつけると、ハンマーが重くなりすぎてしまいます)

パリにいた際、ピアノバルロンの明子さんに紹介していただき、工房見学をしました。(2006年3月10日撮影、中央がDesfougeresさん)


私達にとって、古いフランスピアノを修復する際に欠かせない大事なハンマー屋さんです。

そのDesfougeresさんに巻き直してもらったハンマーがこちら。

これから再調整をし、どの様な音が出るのか楽しみです。

PLEYEL,3bis、鍵盤修理。

風はまだ冷たく感じますが、陽射しは春らしくなってきました。桜の開花が待ち遠しい今日この頃です。
今週はPLEYELのモデル3bis 、1911年製造。

外装の剥がれと日焼けがひどかった為、ピアノ塗装のプロの赤間さんにお願いしました。赤間さんはローズウッドの本来ある赤い色を生かして再塗装していただきました。以前よりシックな色合いになりました。

フランスのピアノ、譜面台の透かしのデザインも美しいです。

中身は2012年に工房で修復済み。(ピアノバルロンの明子さんと共同作業)
鍵盤のクロスが湿気の為膨らんでしまっていたので、今回、再修理をしています。

修理が終わったら調整に入ります。