レスター 象牙鍵盤の漂白

暦の上では立秋になりましたが、まだまだ暑さは和らぎそうにないですね。甲子園も開幕して、こちらは『熱い』試合が連日繰り広げられています。球児の皆さん頑張ってください!

工房では、レスター、モデルNo.200の修理が進んでいます。
先日は象牙鍵盤(白鍵)の漂白を行いました。
このレスターの白鍵は象牙で、指なじみが良く弾きやすい材質なのですが、経年変化や汗などで段々と黄ばみが出てきます。特に中音~高音にかけては、よく弾くところなのでだいぶ黄ばみが目立っていました。

DSC_2382

現在象牙は手に入らず、新しい象牙と交換することが出来ません。今回は象牙を漂白して、黄ばみを出来る限り落とし、柔らかい白さが出てくるようにしたいと思います。

象牙の漂白はお天気が良くて日ざしが出ている時間帯がチャンスです。漂白をした日は、ジリジリと真夏の太陽が照りつける絶好のお天気でした。日ざしが良く当たるところに象牙鍵盤をセットして象牙の上に障子紙を置き、その上から過酸化水素水(オキシドール)をたっぷり塗って日ざしに当てます。

DSC_2412

 

この作業を数回繰り返し行います。あまりやり過ぎると、象牙を侵してしまう恐れがあるので、様子を見ながら進めていきました。障子紙を剥がすと紙に黄色が付着していて、徐々に黄ばみが薄くなっていくのが分かります。

DSC_2410

 

数回漂白を行い、黄ばみがかなり取れ、見た目が大きく変わりました。

DSC_2477

DSC_2479

象牙鍵盤はどこか暖かみを感じます。象牙表面を布で拭いてこの日の作業は終わり、後日バフをかけてツルツルピカピカに仕上げます。お天気にも恵まれ、充実した作業が出来ました!

YAMAHA C5 弦交換

8月に入りました。連日お天気良く、青空が広がっています。ここ最近はセミが勢いよく一斉に鳴いていますね。しばらくの間、鳴き声を聞きながらのピアノ作業となりそうです。

工房では、YAMAHA、モデルC5の弦交換をしました。先週ご紹介したレスターの弦交換に続いて、YAMAHAも真新しい弦を張りました。
今回のYAMAHAは奥行が197㎝とグランドピアノの中では大型の方なので、弦の長さもそれに伴い長くなります。どのピアノでも共通しているのは230本近い弦を張っていくので体力と集中力、そしてリズム良く進めていくことが大事です。

写真右の木箱に弦が入っていて、木箱の口から弦がスルスル出てきます。因みに弦はいつもドイツのレスロー社のものを使用しています。
DSC_2371

 

弦が長くなってくると、作業に応じてピアノのサイドに回ります。
DSC_2375

 

そして大きなハンマーでチューニングピンを打ち込んでいき、チューニングピン全体の高さを揃えます。最初のうちはバラつきがありますが、徐々に揃っていく光景は面白いです。

DSC_2374

作業の後半から終盤にかけては弦の張力を上げることと、チューニングピンの高さを揃える作業とを交互にやります。この段階に入ると細かな工程が多くなり、仕上げに向けて着々と進んでいきます。

そうして丁寧に作業を進めていき弦交換が終了しました。

DSC_2457

鳴らしてみると、ふくよかで明るく透明感のある音色が響き渡りとても嬉しい瞬間でした。今後は調律を繰り返し行い張力を安定させます。修理はこれからハンマー交換などのアクション修理に入ります。