ホルーゲル 解体

ホルーゲル本体の解体作業に入りました。

底板や脚、棚板のネジがかなりサビ付いていました。力任せに回すと折れてしまうことがあるので、ネジの状態を見極めます。熱を加えたり、油をさしたりしながら慎重に回していきました。

さらに、弦を緩めて外していきます。

チューニングピンを外していきます。

本体から弦とチューニングピンが外れ、フレームと響板、駒がよく見える状態になりました。

(低音駒は修理の為外してあります)

今後は、本体の修理をしていく予定です。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>