ヤマハ No.U3G 脱弦

ワードプレスの不調の為、画像なしでの投稿とさせていただきます。

工房では、ヤマハNo.U3の本体解体をすすめ、弦を外していきました。

ピアノ本体には、弦が200本以上張られていて、約20トンの張力がかかっています。本体に負担がかからないように、少しづつチューニングピンを回して、全体の張力を徐々に下げていきます。

チューニングは、所々サビていました。恐らく水がかかったのでしょう。ピンを抜いて根元を見ましたが、心配していたほど深くまで進行していませんでした。

チューニングピン、弦を外し終えて、本体内部の掃除に入りました。

火事による水の流れた跡と、長い年月の経過による汚れやホコリなども見られました。灰が混じった水が流れた跡は、拭いても残ってしまいました。

低音駒や、中音駒の側面にも水が流れたのでしょう。灰やススが溜まっていました。

駒ピン、ヒッチピンを磨きを行いました。サビが深くなかった分、綺麗な面がしっかり出てきました。

響板の水が流れてしまったところなど、ニスが薄くなっていた部分には、ニスを塗り重ねました。弦まくらのフェルトも新しいものに交換しました。

これからは張弦作業に入ります。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>