カワイ R1 ハンマー交換と鍵盤鉛調整

工房では、カワイグランドピアノ R1 の修理を進めました。

今回はハンマー交換と鍵盤の鉛調整です。

交換前のハンマーには、弦溝が深くついていました。

新しいハンマーは、接着する前に針刺しをします。この工程をすると、音に厚みがでます。

ハンマーシャンクも新しいものに交換します。

接着時の写真を撮り忘れてしまい、接着後の写真になりました。

ハンマーテールの加工をします。

これで、ハンマーを取り付けてアクションの修理は完了です。

次にタッチの重さを鍵盤に鉛を入れる事で調整していきます。
今回、この修理の大きなテーマの一つが、タッチの重さを何とかし、軽快にする、でした。
過去にも他の技術者の方が改善処置をしていましたが、鍵盤を押し下げやすくはなっていましたが、鍵盤の戻りが鈍く、タッチが軽快とは言えませんでした。

アクションを良く調べえると、余計な摩擦が発生する設置になっていて、鍵盤自体に多くのおもりを入れて、少々強引にタッチのつじつまを合わせる結果になっていました。
そこで、ウィペンのセンターピンの位置を最適なポジションにするために0.5mm奥にずらし、ハンマーを少し軽めのものに変えて、軽快なタッチを目指すことにしました。

アクションを組み立てて、タッチの重さを測りました。この時点で既に、タッチが軽快な方向に改善されていました。

更により良くするために、鍵盤についている余計な鉛を抜いて埋木をします。
埋め木を加工して筬に鍵盤を戻し、アクションを戻します。

再びタッチの重さを測定し、最適なタッチになるように鉛を入れていきました。

結果、鍵盤の総重量が約1.5キロも軽くなりました。これだけ鉛を抜いたのは初めての事でした。

次回はお客様宅での整調作業についてご報告いたします。

by孝則 、真帆

カワイ R1 ウィペン修理

工房では、カワイR1グランドピアノの修理を進めています。

ウィペンヒールクロスが磨耗してへこんでいます。この部分は鍵盤の部品とあたる箇所なので、タッチにダイレクトに関わります。

古いクロスを綺麗に剥がしていきます。

新しいクロスを丁度良い大きさにカットして貼っていきます。

ヒールクロスはタッチに関係する部分なので、クロスがたるんだ状態で接着されないように、しっかり張って接着します。

新しいクロスになりました。

上のウィペンヒールクロスと当たっているのが、鍵盤についているキャプスタンです。

左側の茶色い方は磨く前の状態です。

表面が荒くはなかったですが、少しベタつくような状態でした。

右側の黄色く光っている方は磨いた後です。

さっと磨いただけで、見た目も手触りも良くなりました。

続いては、ウィペンフレンジのセンターピン交換をしました。

フレンジのセンターピンの動きが悪く、スティックになっていました。これは、タッチを重く感じる原因の一つです。

一つ一つセンターピンの動きを見て、交換していきました。

中音、次高音が特にスティックになっている傾向で、丁度タッチが重くなっているところでした。

これで、タッチがスムーズな動きに一歩近づきました。

次回はハンマー交換と鍵盤鉛調整に入ります。

by真帆

カワイ R1 鍵盤修理

工房では、カワイ R1グランドピアノの修理を進めています。

今回は鍵盤修理です。

赤いクロスの部分のブッシングクロスを交換しました。

ピンの汚れでクロスが黒くなっています。

ピンの跡が付いているところは、クロスがピンと当たって磨耗しています。

(バランスブッシング)

(フロントブッシング)

全て綺麗に剥がれました。

役目を終えたクロスです。

新しいクロスにバトンタッチです。

新しいクロスを貼っていきます。

綺麗に全て貼り終えました

(バランス)

(フロント)

鍵盤調整をして、クロスとピンの間隔を調整していきます。

接着しただけでは、クロスが厚すぎて、クロスとピンに遊び(程よい隙間)が無く、鍵盤スティックになってしまいます。

鍵盤調整をして、クロスとピンの遊びを調整していきます。

バランス、フロントのどちらのブッシングも調整します。

これで、鍵盤修理は完了です。

by 真帆

カワイ R1 修理開始

先日お客様宅から、カワイR1 グランドピアノのアクションを引き取りました。
とても温かい響きのピアノですが、タッチが重く鍵盤のガタも気になるというお話でした。

無題

早速工房に持ち帰り、アクションを見てみると、タッチが重く感じる原因を探る事ができました。

修理の方向性が決まり、アクションを分解し掃除をします。

掃除が終わるとピン磨きの準備です。

ピンの根元が黒くならないようにマスキングで養生します。

根深い錆びがちらほらありました。

ピンの表面がガサガサしていると、ピンがあたる鍵盤のクロスの磨耗が進みます。

手で触ってみるとサビと汚れが一緒について引っかかる手触りでした。

(フロントピン)

(バランスピン)

磨いた後はしっかり拭き取ります。

見た目もピカピカになりましたが、手触りもツルツルになりました。

by真帆

イースタイン ハンマー修理

工房では、イースタインB型 アップライトピアノのハンマー修理をしました。

ハンマーに弦溝がしっかりついていて、沢山弾いていたのがわかります。

打弦しているハンマーの断面が、弦溝の長さ分弦に当たっている状態なので、ハンマー整形(ハンマーファイリング)をして、形を整えます。

弦溝がとれ、ハンマーの表面も綺麗になりました。

下の写真にある茶色い皮はバットスキンという部分ですが、段差ができていました。

ここは、タッチに影響する部分なので、段差が出ているものは、新しいスキンに交換します。

丁寧に片側ずつ張っていきます。

段差がついたスキンから、滑らかな曲線の新しいスキンになりました。

そして、最後にフレンジの交換をしました。

センターピンが殆どガタガタしていたのでフレンジごと効果します。

(左 交換前 右 交換後)

一つ一つセンターピンをフレンジの穴に通し、具合を見て、センターピンを加工し、取り付けていきます。

ハンマーの修理は終わりました。
これで、アクション関係の修理は終わりました。

by真帆