新生釜石教会、津波被害のピアノ修理、最終日。

新生釜石教会、津波被害のピアノ修理。
工房から釜石へ。

出荷前日に、はじめて音楽を奏でたピアノ。

中身は弾ける状態でしたが、外装を全て取り付けをしたのは出荷当日の朝。

以前にそれぞれの外装パーツを工房のみんなで磨いており、組み立てました。

KIMG3346

津波で傷がついたり、外装にヒビが入ってしまったものはあえてそのまま。(楽器として楽しく弾くことには問題ありません)
艶もキレイによみがえりました。

KIMG3353

出荷前日に気仙沼出身の研修生から、「最後に少しピアノを弾いてみたい」とのことでした。色々な思いもあったことでしょう。

KIMG3349

出荷直前まで作業していたので、ゆっくり弾かせてあげることができませんでした。
本当に少しの時間でしたが、工房のご近所のお爺ちゃんも来て、ピアノの音色を楽しんでいたようです。

運送屋の仙台ピアノサービスさんがピアノを引き取りにきました。(少し待たせてしまいました。)

KIMG3357

そして釜石へ。

KIMG3359

出荷直前は色々なハプニングがありましたが、無事に釜石へ届くことを願い、出荷しました。

工房ではそれぞれが皆、できる限りのことをしました。またご協力していただいたり、気にかけていただいた技術者の方々、津波被害のピアノ修理の経験のあるクラビアハウスさん、メッキ屋さん、ロゴデザインをしてくれた槇山さん、ピアニストの筒井さん。
何よりもピアノの修復を諦めないでいてくれた柳谷さん、教会の皆さん。
本当にありがとうございました。

あとは現地で最終調整です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>