新旧YAMAHAのアクション。

1月もそろそろ終わりですね。寒さは続きますが、工房では元気良くピアノの作業をやっています。

今週はYAMAHAのアップライトのアクション修理です。

お客様からのご依頼品。昭和32年製造、モデルno.U1です。こちらは珍しく鍵盤の数が85key (現在の主流は88key) 。最後の音がラまでになっていました。

アクション(ピアノの中のメカニック)のみをお預かりし修理しています。人で言う関節にあたる部品にガタがきていたり、消耗部品のフェルトが減っていたりしていたので、交換することとなりました。

アクションのパーツのほとんどが木製です。

ちなみに昭和50年代頃のアクションがこちら。

製造が合理化され、パーツに樹脂やアルミなどが使われています。

お預りしたYAMAHAのアクション。製造は昭和32年ですが、消耗品を交換すれば、まだまだ使えます。

ガタガタになっている所をなおし、ピアノを楽しんでいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>