ベルトーン 修復の準備

クリスマスも終わり、新年まであと数日となりました。
クリスマスツリーに変わり、今度は門松などが飾られるようになりますね。

工房では、ベルトーン、モデルNo50の修復前の準備をしました。
ウォルナット色で2本ペダルです。

DSC_1472

DSC_1473

まず最初に、毎回行う修復前の試し弾きをしました。
工房スタッフ4人がそれぞれ曲を弾きながら、どのようなピアノなのか把握します。そうする事で、修復後の変化がよく分かります。

DSC_1478

弾いてみると、包み込まれるような音の広がりと、深みのある音色を感じました。ただ鍵盤が軽快に動かず弾きにくく、長い年月が経過してだいぶ疲れている印象です。また、外装も汚れによりツヤが失われています。これは丁寧に磨いていくとツヤが蘇ると思います。年明けから本格的に修復がスタートしますが、内部も外装も少しずつ本来の姿に戻るよう頑張りたいと思います。

このブログも今年最後になりました。今年もピアノを通じて多くの出会いがありました。お客様それぞれにピアノとのストーリーがあり、ピアノを大切に思ってくれています。その思いに応えられるように、来年も1台1台真摯に向き合っていきたいです。
皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

by志乃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>