Eastein Modell B 修理

Eastein B 型 修理作業に入っています。

響板割れ修理がある為に響板修理に適した時期を選び、作業に入りました。

工房に入ってからの測定、診断。

まずは、そのままで見て、弾いて確認をします。

この時はお客様の立場と同じような視点になれるように、普通に弾いてみたりします。

今回は湿度の影響を受けてしまっていて、戻らない鍵盤があったり、見た目も曇ってしまってたり。このまま使うには厳しい状況です。しかし、木の響きを感じられることができ、本体もしっかりしています。

KIMG1757

KIMG1774

 

ピアノを一度寝かせて、

KIMG1784

 

さらに詳しく見てみます。

弦の状態、本体とアクションの状態、外装の状態、設計などなど。

以前Easteinの同じモデル(年代も近い)の修復をしたことがあったので、その時のデータと比較してみたりもしました。

同時期でも一台一台違うので、とても興味深いです。

さらに作業を進めていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>