YAMAHA G3E 響板塗装

工房では、YAMAHA G3Eの響板塗装を行いました。
以前は、下塗りまで行いました。

以前の記事はこちら→

響板に320番のペーパーをサンダーでかけていきます。
手で響板を触りながらかけ残しがないか確かめながら進めます。

IMG_4322

サンダーが入らない所は手でペーパーをかけていきます。

IMG_4333

サンダーを使ってペーパーをかけた後は、削り粉が部屋中に飛ぶため、掃除をして塗料にごみが紛れ込まないようにします。特に響板の上は掃除をした後は手でごみがないか確認しながら取り除いていきます。

IMG_4334

 

サンディングシーラー粉が入った塗料で下塗りをしていきます。

IMG_4324
 

今回は気温が低い時期に塗りをしたので、乾きが遅く、クラウンの傾斜の影響で塗りむらが出来てしまい、塗料が溜まってしまうところと、塗料が流れてしまうところがあり、下塗り→ペーパーをかける→下塗りを何度か行いました。

下地がしっかり塗られている状態になってから、上塗りを行いました。

IMG_4339

響板割れ修理、響板塗装が終わり、響板裏の埋木を削り整えています。
次は、鉄骨と本体を合わせていきます。

by真帆

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>