釜石、津波ピアノの修復、鉄骨の裏側。

釜石津波ピアノの修復の続きです。

解体作業も終わり、まずは鉄骨の掃除から。

津波によって海水に浸かり、ピアノがひっくり返しになったので、鉄骨の裏側に泥が溜まっていました。(灰色の部分が泥です)

1446102155781

四年前、現地で雑巾で泥を落とし、錆びの進行を進ませないようにと、全体にオイルを塗布しておきました。(オイルは缶スプレーのもの)四年前、現地で雑巾で泥を落とし、錆びの進行を進ませないようにと、全体にオイルを塗布しておきました。(オイルは缶スプレーのもの)

さて工房での解体した後、鉄骨の裏を見てみたら、再び錆びが出てきてしまいました。手で触るとポロポロ錆びが落ちてきました。

KIMG2026

先ずは錆びの部分は金ブラシで一度取り、後は水洗いしました。

KIMG2037

KIMG2044

何回か水洗いの後、しっかり乾かしました。裏側は錆止めを塗装する予定です。

水洗いをし、錆びも落ちてので、錆と塩分の混じったような匂いも取れました。

引続き作業を進めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>