HORUGEL 鍵盤修理

HORUGELの鍵盤修理を行いました。

バランスピン/フロントピン磨き

バランスピン、フロントピンともに、汚れやサビがついていました。フロントピンは真鍮ピンで、焦げ茶色のサビがびっしりついていましたが、磨くと綺麗に光りました。
フロントピンはメッキピンで、表面が全体的に曇り鍵盤のブッシングと当たっていたところは少しメッキが薄くなり、赤茶色のサビが付いていました。この茶色いサビが根深く、スチールウールやサビ取り剤を使ってサビを落としてからフロントピンを磨きました。
(バランスピン 磨く前)

IMG_4540

 

(バランスピン 磨いた後)

IMG_4556

(フロントピン 磨く前)

IMG_4545

 

(フロントピン 磨いた後)

IMG_4557

 

鍵盤ブッシングクロス交換

ピンを磨いたあとは、鍵盤ブッシング交換を行いました。古いクロスはすり減ってタッチに横ブレがある状態でした。
新しく貼るブッシングクロスの厚さを決めるために、試し貼りをしました。フロント、バランスともに、ピンに納めたときは遊び(隙間)がなくピッタリの状態から、鍵盤調整用の工具でクロスを軽く潰して丁度いい遊び(隙間)ができる厚さを目指します。今回は、バランスブッシングクロスが1.3mm、フロントブッシングクロスが1.1mmになりました。

IMG_4562

 

クロスをアイロンの蒸気で剥がしていきます。

IMG_4565

クロスはニカワを使って接着していきます。ニカワは鍋を温めながら溶かして使います。煮詰まらないように、水をたしながら作業します。
クロスはニカワを付けた後クサビを入れて接着します。

IMG_4575

フロントブッシング 交換後
IMG_4578

バランスブッシング 交換後

IMG_4579

この後は、鍵盤調整です。ブッシングクロスを専用工具を使って調整していきます。

by真帆