Eastein model U、アクション修理

本体の修理が終り、アクション修理に入っています。

まずはセンターピンの交換。人間でいう関節部分にあたり、湿気で動かない状況でした。

KIMG3780

動くもの動かないものありますが、将来を考え、年数の経ったピンは全て交換しました。

 

ダンパーフェルトの交換。音を止める部品は柔らかいフェルトでできています。弦の交換に伴い、新しいフェルトに交換です。(写真はフェルトの寸法をメモしている所)

KIMG3749

 

弦を叩くハンマー。たくさん使われていて、弦の溝が深くついていました。ドイツからハンマーを取り寄せ、加工をし新しいものと交換です。

 

KIMG3900鍵盤は象牙鍵盤。汚れを落とし、黄ばみも取ります。

KIMG3895調整をして完了です。

KIMG3905

 

年数が経ったピアノは置かれている環境、使用頻度、また製造時の材料や加工の善し悪しで、一台一台、違いがあります。工房ではどの様なピアノなのか、色々な角度から1つ1つ見て、検証し、作業を進めていきます。

お客様にピアノ、音楽をを楽しんでいただく為に丁寧な作業が出来るように心がけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>