PLEYEL,3bis、鍵盤修理。

風はまだ冷たく感じますが、陽射しは春らしくなってきました。桜の開花が待ち遠しい今日この頃です。
今週はPLEYELのモデル3bis 、1911年製造。

外装の剥がれと日焼けがひどかった為、ピアノ塗装のプロの赤間さんにお願いしました。赤間さんはローズウッドの本来ある赤い色を生かして再塗装していただきました。以前よりシックな色合いになりました。

フランスのピアノ、譜面台の透かしのデザインも美しいです。

中身は2012年に工房で修復済み。(ピアノバルロンの明子さんと共同作業)
鍵盤のクロスが湿気の為膨らんでしまっていたので、今回、再修理をしています。

修理が終わったら調整に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>