東海ピアノ WALDSTEIN 修理開始

7月に入りました。
蒸し暑い日が続いています。

工房に修理をする新たなピアノが入りました。
東海楽器株式会社が製造したアップライトピアノのWALDSTEIN モデル 120W です。

外装はマホガニー色(赤茶色)で、猫脚が可愛らしいピアノです。

DSC_0218

東海楽器株式会社は、1947年に河合楽器の出身の技術者たちが集まり、
ピアノを作ることを目的としてスタートしました。ところが当時は終戦直後で資材がなく、ピアノ製作の夢が果たせませんでした。
ピアノ以外の楽器では鉄琴をはじめとして、ハーモニカ、ギター、チェンバロなどを製造していました。
当初の目的であったピアノ製作を開始できたのは31年後の1978年1月でした。
東海ピアノはドイツのピアノメーカーであるシンメル社の楽器をモデルとして製作され、アップライト、グランド共にできる限り小型につくられています。
これらのピアノは88鍵でありながら、音質を犠牲にせずに可能な限り小型化することに成功したもので、欧米のピアノに類似した長所を備えています。
(「楽器の辞典」より抜粋)

工房の東海ピアノからもそれらの意図を感じられます。

修理作業の前に、いつものように演奏をしてピアノの音やタッチを確かめます。
修理前の状態をきちんと把握しておくことで、修理後と比較することができます。

DSC_0213

修理後に演奏するのが今から楽しみです!

by 志乃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>