東海ピアノ 本体部品磨き

今日は東海ピアノ、アップライト、モデルワルトシュタインの修理の続きです。

本体を解体して,まっさらな状態になったワルトシュタイン。
次は本体の金属部品を磨いていきます。
ヒッチピン、駒ピンなどの小さいピンがピアノ本体には数多く付いています。
総勢400本近くのピンを丁寧に磨いていきます。

DSC_0853

DSC_0855

それぞれのピンはどれも弦と接触する部品なので、今回のような張弦も行う修理の場合は、弦を新しく張る前に、できる限りピンに錆びがなくつるっとした状態にしておきます。
地味な作業ですが、磨き上げた後のきれいなピンを見ると気持ちが良いです。

本体作業、順調に進行中です。

by志乃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>