東海ピアノ ワルトシュタイン 納入調律

雨がしとしと降る日が続いています。
太陽の下、気持ちよく過ごせる日が早く来ると良いですね。

今週は、東海ピアノ、モデル ワルトシュタインの納入後の調律にお伺いしました。

お客様のご両親が購入された思い出の詰まったピアノです。
さいたま市のご実家にピアノはありましたが、しばらく弾かれることがなく時間が経過していました。今年に入り再びピアノを弾こうと思われましたが、果たしてまだ使えるのかどうかわからず、工房にご相談をいただきピアノ診断でお伺いしました。
湿度による影響で弦全体はサビに覆われ、アクションもスムーズに動かず音が出ない場所がいくつもありました。また外装もマホガニー色がくすんで汚れていました。しかし音はしっかりとした発音をしていて、修理をすればまだまだ使えると判断しました。お客様も思い切って弦の交換まで修理をすることに決めていただきました。

さて、納入後のピアノはどうなったでしょうか?
張り替えた弦からは明るい音が鳴り、タッチもスムーズになり音が出ない所はもうありません。
外装もツヤが蘇り、マホガニー色がはっきり発色されています。
お客様も修理当初は不安もあったかと思いますが、修理されたピアノを前にとても喜んでおられました。

(修理完成後、納入前の写真)
DSC_1180

(納入後、お客様宅 猫脚が可愛らしい)
_20171020_143842

修理前、ピアノはしばらく使われていませんでしたが、長い時を経て再び弾かれるようになる事は本当に嬉しいです。
思い入れのあるピアノを修理する事は私達にとってもやりがいのある仕事です。
ピアノも元気に復活し、楽しい音楽を奏でてくれることでしょう。

by志乃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>