ヤマハ U1H 本体磨き

工房では、U1Hの本体の磨きを行いました。

外装の塗面も綺麗に見えても、意外と汚れていました。

汚れを取った後は、バフをかけて磨きます。

より黒がはっきり出て、艶やかになりました。

外装に埋め込まれている金属部分の磨きもします。YAMAHA というロゴと鍵の部分はコンパウンドで磨きます。錆が深いところはサビ落としを使って落とします。

※写真は鍵盤蓋だけですが、本体の磨きは全て磨いています。

鍵盤蓋の蝶番とネジも磨きました。

蝶番の塗料の下まで錆ていたので、塗料を剥がして、金属磨き用のバフをかけました。

鏡面のように綺麗に光を反射するようになりました。

鍵盤蓋を組みたてると、黒も金もくすみがなくなり、コントラストがはっきりして、見た目も締まりました。

これからは、U1Hのアクション修理に入ります。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>