YAMAHA U1H アクション修理

工房では、ヤマハU1Hのアクション修理を行いました。

フレンジコード交換

フレンジコードは経年劣化で切れてしまうことがあります。

下の写真は、フレンジコードが切れてスプリングが跳ね上がっています。

フレンジコードが切れてしまうと、ハンマーの戻りが悪くなったり、連打がしづらくなり、そのまま使い続けると、スプリングが他の部分にひっかけて折れてしまう事もあります。

古いコードをきれいにとって、新しいコードに交換します。

全て新しいコードに変わりました。

見た目も綺麗になりましたね。

ブライドルテープチップの交換

ブライドルテープの先についている、赤いチップを交換します。

皮が劣化してしまい、亀裂が入っています。

新しいチップは鮮やかな赤色です。

ハンマーファイリング

しっかり弦溝が付いています。

この分面で打弦していることになります。

長年のホコリ、汚れがハンマーにも付いています。ファイリングした方(左側)は綺麗になりました。

弦溝が付いていた面も、曲線になりしました。

つぎは、鍵盤木口の交換、調整に入っていきます。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>