イースタイン ハンマー修理

工房では、イースタインB型 アップライトピアノのハンマー修理をしました。

ハンマーに弦溝がしっかりついていて、沢山弾いていたのがわかります。

打弦しているハンマーの断面が、弦溝の長さ分弦に当たっている状態なので、ハンマー整形(ハンマーファイリング)をして、形を整えます。

弦溝がとれ、ハンマーの表面も綺麗になりました。

下の写真にある茶色い皮はバットスキンという部分ですが、段差ができていました。

ここは、タッチに影響する部分なので、段差が出ているものは、新しいスキンに交換します。

丁寧に片側ずつ張っていきます。

段差がついたスキンから、滑らかな曲線の新しいスキンになりました。

そして、最後にフレンジの交換をしました。

センターピンが殆どガタガタしていたのでフレンジごと効果します。

(左 交換前 右 交換後)

一つ一つセンターピンをフレンジの穴に通し、具合を見て、センターピンを加工し、取り付けていきます。

ハンマーの修理は終わりました。
これで、アクション関係の修理は終わりました。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>