イースタイン アクション修理②

工房では、イースタインB型 アップライトピアノのアクション修理を進めています。

スプーン磨きをしました。

名の通りスプーンのような形をしている部品です。白く錆びてしまい、表面はヤスリのようです。

コンパウンドで磨くと、表面に出た錆びも綺麗に落ちました。頑固な錆びが多く根気のいる作業になりました。

ダンパーロットも磨きました。

ダンパーペダル(右)を踏んだときに、このロットがダンパーを持ち上げます。

ロットの表面がガサガサしていると、ペダルを踏んだときの雑音の原因になります。

 

スプーンほど頑固な錆びは少なかったので、コンパウンドで磨くと、比較的すぐに落ちました。

ダンパーの修理に入り、レバークロスの交換をしました。

クロスの中の網目が見えるほど削れています。この部分と接している部品がスプーンです。

そして、クロスの上の辺りの少し黒ずんでいる部分にダンパーロットが当たります。

新しいクロスに交換しました。

ダンパースプリングも汚れている状態だと滑りが悪く、ダンパーペダルを踏んだときに、パチッとなることがあるので、こちらも拭き取りました。

前回のブログ アクション修理① でもありましたが、クロスやフェルトなどと接する部品の表面が荒れているとクロスやフェルトを削ってしまい、ゴソゴソした引っかかりのあるタッチや雑音の原因になります。

それを一つ一つ取り除くと、それだけでタッチ感や弾きやすさが変わっていきます。

次はハンマー修理に入ります。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>