カワイ R1 ウィペン修理

工房では、カワイR1グランドピアノの修理を進めています。

ウィペンヒールクロスが磨耗してへこんでいます。この部分は鍵盤の部品とあたる箇所なので、タッチにダイレクトに関わります。

古いクロスを綺麗に剥がしていきます。

新しいクロスを丁度良い大きさにカットして貼っていきます。

ヒールクロスはタッチに関係する部分なので、クロスがたるんだ状態で接着されないように、しっかり張って接着します。

新しいクロスになりました。

上のウィペンヒールクロスと当たっているのが、鍵盤についているキャプスタンです。

左側の茶色い方は磨く前の状態です。

表面が荒くはなかったですが、少しベタつくような状態でした。

右側の黄色く光っている方は磨いた後です。

さっと磨いただけで、見た目も手触りも良くなりました。

続いては、ウィペンフレンジのセンターピン交換をしました。

フレンジのセンターピンの動きが悪く、スティックになっていました。これは、タッチを重く感じる原因の一つです。

一つ一つセンターピンの動きを見て、交換していきました。

中音、次高音が特にスティックになっている傾向で、丁度タッチが重くなっているところでした。

これで、タッチがスムーズな動きに一歩近づきました。

次回はハンマー交換と鍵盤鉛調整に入ります。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>