ヤマハ No.G2 アクション修理

工房では、ヤマハのグランドピアノ No.G2のアクション修理を進めました。

ウィペンは汚れが溜まりやすく、掃除がしにくいところなので、まずは掃除からはじめます。

ジャックの部分は黒鉛と汚れが混ざってべとついていました。 しっかり拭き取り、塗り黒鉛を塗っていきます。

上のジャックと擦れるところが下の写真の黄色いクロスのローラーといわれる部分です。左側は拭き取り前で、ジャック同様黒くベトついていました。

右側は拭き取り後です。全てのローラーを拭き取りました。

ヒールクロスはキャプスタンと当たる部分ですが、黒くべとついていました。このヒールクロスの摩擦が鍵盤を重くしいた原因のひとつでもあります。

新しいクロスと交換しました。

今回、キャプスタンは交換しました。

右側がオリジナルで、左側が新しく交換したものです。

新しく、綺麗になりました。

鍵盤のホールの掃除とピンの掃除をしました。

こちらも黒くベトついている汚れを拭き取りました。

拭き取るだけでツルツルになりました。

部品同士が接触するところは余計なものがないように、しっかり取り除くことが、ピアノのスムーズな動きにもつながります。

次回はアクションを組んで鍵盤の加重調整をします。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>