HOLUGEL 解体2

工房では、HOLUGELの本体の解体作業を進めました。

響板、ピン板が外れて、支柱と内廻し、桁裏、除響板(助響板)がある状態になりました。

IMG_4428

当時の接着剤が悪い為、ここまで比較的簡単に外すことができました。まだまだこの接着剤が使われている箇所があるので、接着剤が利いているか確認しながら解体していきます。

内廻し、除響板(助響板)を支柱から外していきます。
接着剤で接着され、更にネジと釘も使われていました。この接着もところどころ剥がれていました。
ネジがさび付き、ネジ頭の溝がほとんどなくなり、ドライバーの先がはまらず、回せないものがほとんどでした。
その場合は、ネジの頭をドリルで壊し、折れネジを取り除きました。
内廻しと除響板(助響板)はすんなり外れず、大変な箇所でした。

(取り除いたネジと釘の一部)

IMG_4452

ネジの頭を壊したところには、埋木をしました。
壊したネジ以外のネジの穴を埋めてしまわないように、印をつけて作業しました。

桁裏は接着されているだけだったので、隙間から刃物を叩いて入れて外しました。

IMG_4434

横の支柱も外れてきてしまいました。横の支柱も全て外して、接着しなおします。結局、本体のネジや釘を使っていない箇所は、接着不良で比較的簡単に外れました。
接着不良のまま仕上げると、雑音などのトラブルが発生するため、支柱の隙間も含めて、全て接着しなおす予定です。

IMG_4453

by真帆

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>