釜石津波被害のピアノ修理、駒修理5

新生釜石教会、津波被害のピアノ修理。

駒修理の続きです。

本体に鉄骨を仮に入れ、鉄骨の高さに合わせて削り出します。

KIMG3036

KIMG3040KIMG3040

高さが高すぎても、低すぎても、弦を張った後にピアノ本体に負担がかかってしまいます。
また音にも影響が出てしまうので、削り出しは慎重に作業します。

高さが決まったら、駒ピンをうえる為のあなあけ位置を決めます。位置は元の位置をトレーシングペーパーに写したものを基準に位置だしします。

KIMG3074

位置が決まったら、ドリルで穴あけをします。穴あけ角度を研修生の二人にチェックしてもらいながら、作業しました。

KIMG3154

穴が決まったら上面を黒鉛で塗ります。駒の上面に弦が張られるので、弦の滑りを良くする為です。白い上面が黒くなりました。

KIMG3151

KIMG3165

駒修理、あと少し。
まだ続きます。

釜石津波被害のピアノ修理、駒修理5」へのコメント - 1件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>