YAMAHA U1D アクション修理②

暦の上ではもう冬に入りました。
寒さで体の動きも鈍くなるので、毎朝スタッフ全員でラジオ体操をしてから作業に入っています。体が伸びて気持ちが良いです。

工房ではYAMAHA、モデルU1Dのアクション修理の続きです。
ハンマーには弦を叩いた溝が深くついていました。
よく弾かれていたのでしょう。

DSC_1216

ヤスリでハンマーフェルトを削り、形を整えました。
こうする事で発音もしっかりとした音色を期待でき、見た目もきれいに生まれ変わりました。

DSC_1277

ダンパー(音を止める部品)のフェルト部分も劣化し、虫に喰われている部分もあったので、新しく交換します。
新しいフェルトはフワフワ柔らかく、裁断する時は形が崩れないように気をつけます。

(虫喰いがあったダンパーフェルト)
DSC_1282

(新しくなったダンパーフェルト)
DSC_1312

低音のダンパーは弦に合わせて接着をしました。

DSC_0066

すべてのダンパーフェルトの交換が終わり、アクション全体の修理も一段落しました。

今回のアクション修理は数も多くて細かい作業が続きましたが、全て完成した時の充実感はあります。

次は鍵盤修理に入ります。

by志乃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>