ベルトーン 本体部品磨き

今週は厳しい寒さが少し和らぎました。この季節、晴れた日のおひさまは本当に有難く、気分までポカポカします。

工房ではベルトーン、モデルNO50の解体が終わりました。次は本体内部のヒッチピン、駒ピン、サイドベアリングピンの部品を磨きます。

今回のピアノでは、時間の経過と共にピン表面にくもりが見られました。磨くことでつるつるピカピカの状態にしてきれいにします。

こちらは低音弦側にあるサイドベアリングピンを磨いています。

DSC_1504

こちらは駒ピンです。

1516326027873

奥が磨き前、手前が磨き後です。
ピンとピンとの間が狭く磨きづらいのですが、根気よく丁寧に磨いていきます。徐々に磨いたピンが増えていくのは、なんだかマラソンみたいに少しづつゴールが近づいていく感じがします。
駒ピンを磨いたことで駒上面の黒い部分(黒鉛)が取れてしまったので、磨いた後きれいに塗り直しました。

その他のピンや金属部品も磨き、触るとつるつる、見た目はピカピカに仕上がりました。

DSC_1527

本数も多くとても根気のいる作業ですが、ピン1本1本が光っている様はやはり気持ちが良いです。
そして今度は、このピンに新しい弦が張られていきます。

作業、順調に進んでいます。

by志乃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>