ベルトーン お客様宅へ

サッカーW杯がロシアで開幕しました。時差の関係で、夜から明け方にかけて試合が行われるようですね。少しのあいだ寝不足になる方も多いのではないでしょうか。現地は肌寒い日もあるようですが、熱い熱い戦いになることを期待しています!

工房では、先日ベルトーン、モデルFU33の修理が終わり、お客様宅へピアノを届けました。

(出庫前の工房にて)

DSC_2157

DSC_2150

今回の修理は主にアクション修理を中心に作業を進めていきました。弾いても音が出ないなどの症状は直り、どの鍵盤を弾いてもきちんと音が出るようになりました。
修理後の整調作業ではより弾きやすいタッチになるよう、アクションと鍵盤の調整を行いました。そして調律と整音作業で音色が整い、明るく朗らかな響きになりました。最初の状態では音は半音近く下がり、音も出しにくく気持ち良く弾けるような状態ではなかったのですが、元々の音の質はしっかりしていて本体も問題なかったので具合が悪いところを修理、調整した結果、また楽しんで演奏できるようなピアノに仕上がりました。外装も白くもやもやしていましたが、ピカッと光輝く姿に変わりました。

ピアノを出庫してから数日後、お客様宅へ納品調律に伺いました。

DSC_2230

ピアノの下にあるパネルはご主人様のお手製です。椅子の収納にも合わせたオリジナルの形になっています!修理したピアノについて、音やタッチが変わったことはもちろん、外装がキレイに蘇ったことをとても喜ばれていました。外装磨きを行うか迷われていたのですが、磨いて本当に良かったとおっしゃっていただきました。
ご実家で長らく眠っていたピアノが、再び弾かれているのはとても微笑ましい光景でした。これからも素敵な音色を響かせてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>