レスター 解体

連日の気温30℃越えが続いています。梅雨はどこへ行ったのか、突然夏がやってきた感じがします。慣れない暑さで体力を消耗しそうなので、寝食をしっかり摂りたいと思います。

工房では、レスター、モデルNO.200の解体をしました。

今回は弦交換をしますが、その作業が行いやすいようにまずは底板と棚板を外しました。底板は字のごとくピアノ本体の底の部分で、普段はペダルとペダルに関わる部品が底板に取り付けてあります。棚板には鍵盤がおさまっています。
棚板を外すために脚も取り、続いて底板、棚板という順で外していきました。

DSC_2267

(脚と底板を外したようす)
DSC_2268

(棚板を外したようす)
DSC_2270

どんどん景色が変わっていきます。

本体の解体後、次は弦を取り外していきました。ピンッと張ってあった弦の張力を弱め、専用のカッターで切っていきます。弦はだいぶサビついていました。プチンッパキンッと弦を切る音が工房にしばらく響き渡ります。

DSC_2278

弦の解体後は、チューニングピンを抜いていきました。このチューニングピンも弦交換時に新しいものにします。弦もなくなり、見た目はかなりすっきりしました。

DSC_2295

無事に解体が終わり、ひとまずほっとしました。これから本体の掃除と磨きをした後、新しい弦を張っていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>