YAMAHA G3~こだわりの修理① オーバーホール始めました。

ゴールデンウィークも中盤になりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

元号も令和に変わりましたが、平成の時と同様に、ピアノと向き合っていきたい思います。

工房ではゴールデンウィークの前から、YAMAHA、G3のオーバーホールに入りました。

まずは解体前の掃除から。

何十年も積もりに積もったホコリをはらいます。

その後、全体の劣化具合や、どの様な特徴があるピアノなのかなどを診断します。ピアノは一台一台、メーカーや使用具合、経年変化などにより違うので、よく確認する事が必要です。

どの様に修理すべきか、工房のスタッフで検討してから、解体作業に入ります。

上の画像は弦をはずしている所。弦が錆びて、伸びきってました。

続いては鉄骨を外している所。

機械で鉄の部分を持ち上げてます。この鉄骨がピアノの張力を支えています。今回はこの鉄骨の下にある響板を修理するために、外しました。

オーバーホール、まだまだ続きます。

by朋子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>