YAMAHA C3A 出荷前調整

工房では、ヤマハC3Aの出荷前の調整を行いました。

アクションの修理が終わり、整調に入りました。
まず、ハンマーの走り傾きを取っていきます。
走りや傾いている状態だと、弦を打つ力が逃げてしまいます。

修理の際に、部品を解体し、交換しているので、アクションを組み立てても、ハンマーは弦からはみだいしていたり、タッチはバラバラでもちもちしていて、二度打ちしてしまうところもありました。とても弾きやすい状態ではありませんでした。

本体の弦とハンマーを合わせる弦合わせをしました。

(白鍵ならし中)

(レペティションレバースプリング調整中)

整調を進めるにつれて、タッチも音も変わっていくのがわかります。
ピアノは修理だけではなく、整調をどの工程も一つずつ合わせて、繰り返し見直して仕上ることで、ピアノをいい状態に持っていくことができます。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>