YAMAHA  白鍵交換

工房では、ヤマハの白鍵交換をしました。

ピアノを工房からレンタルしているお客様が、レンタルしているピアノをそのまま購入する事になり、鍵盤が傷が多く見られたので、新しい鍵盤に交換する運びになりました。

鍵盤は黒い線の汚れや傷がついていました。

鍵盤上面をはがしていきます。アイロンでしっかり温めないと鍵盤の下地の木部も一緒にはがれてしまうことがあるので、しっかりアイロンをあててはがしていきました。木部が荒れているところ、ささくれになっているところは接着し直し、木部が鍵盤上面と一緒にはがれてしまったところはパテで埋めて下地を整えました。

下地に鍵盤を接着していきます。鍵盤の上に平な金属のプレートをのせ、クランプでしっかり固定して接着していきます。
下地からずれていないか、下地から浮いていないか確認しながら進めていきます。

鍵盤の接着までが終わり、鍵盤の加工をします。鍵盤の木部と丁度いい鍵盤を選んでいますが、幅が少し余っていたり、バリが出ていたりします。慎重にベルトサンダーで加工していきます。加工の最終的な仕上げは、あて木とサンドペーパーを使って手で削っていきます。鍵盤を弾いたときに指が痛くならないために、削った後の鋭い角を面取りします。

最後に鍵盤バフをかけて仕上げました。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>