YAMAHA U3G 弦交換

工房では、ヤマハU3Gの弦交換と鍵盤修理を行いました。

このピアノは、火災による消火活動により、ピアノ内部が濡れてしまいました。
その影響で、金属部分の弦やチューニングピンがサビてしまいました。

弦交換 前

この状態を放置してしまうと、サビが進行します。ピンを外した後、ピン板が濡れていないか確認し、しばらくの間乾かしました。
新しいメッキピンと弦が光を反射します。
ピンの保持もしっかりしています。

新 張弦後

キーブッシングクロスの交換をしました。

鍵盤の横方向にガタになっていました。
これは、鍵盤を弾きこんだことにより、クロスとキーピンの間で摩耗が進んだ結果です。

ブッシング 古

新しいブッシングを張り付けて治具で固定して乾かしています。

ブッシング 貼り

新しいクロスは、張り替えたままだとキーピンとの隙間が無く、スティックの状態です。
クロスとキーピンの間をスティックにならず、ガタにもならないように、クロスを潰して調整します。

ブッシング 新

白鍵上面にヒビが見られたため、交換します。

ヒビ鍵盤 

新しい鍵盤に変わり、綺麗になりました。

鍵盤 新

弦交換から鍵盤修理が終わり、修理が進むにつれ、新しく綺麗になっていきます。

修理が終盤になり、調整の作業に入っていきます。

by真帆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>