ホルーゲル ウィペン修理 

過去のおすすめ記事はこちら↓

新旧YAMAHAのアクション。

Vicotr ロゴ

Eastein,model U

 

工房では、昭和12年製のホルーゲルの修理を進めています。

アクションの中のウィペンという部品に関連している部分の修理、掃除を行いました。

まずは、お掃除です。
ウィペンの上には長年のホコリが溜まっていました。
この部分をすべて外すことは、お客様宅では滅多になく、自然とホコリが溜まりやすい場所なので、この機会に汚れやホコリをふき取ります。

スプーン磨き

ウィペンには、スプーンのような形の部品があります。これはダンパーレバーと接する部分です。

スプーン 前

スプーンの頭の部分がサビてヤスリのような表面になり、ダンパーレバークロスに穴があいていました。

ダンパーレバークロス 穴

 

スプーンの表面を磨いて、引っ掛かりのないツルっとした表面にします。

スプーン 後

ウィペンヒールクロス交換

ウィペンと鍵盤をつなぐキャプスタンと接するところがヒールクロスです。

(キャプスタンの修理記事はこちら

ヒールクロスが虫食いにあっていたため、接している表面がデコボコしていたため、新しいクロスに交換しました。

 

ヒールクロス 交換前

ヒールクロス 前

ヒールクロス 交換後

ヒールクロス あと

 

フレンジ、ジャックのセンターピン交換

ウィペンフレンジは動きが悪くなっていました。

センターピンを見てみると、汚れとサビがついていました。85個すべて交換しました。

一つだけエラーがあり、カクカク動くフレンジがあり、センターピンを抜いてみると曲がっていました。

 

センターピン

センターピンのブッシングクロスがダメージをあまり受けていなかったので、ブッシングクロスの穴の中の形を整えてセンターピンを交換して正常な状態に戻りました。
センターピンは汚れやサビがひどくて、ウィペンから抜き取るのに想像以上に大変でした。
工具を握る手が痛くなりそうだったので、この仕事では普段使わない軍手をして作業しました。

ウィペン センターピン交換
ジャックの動きを確認しながら、ジャックのセンターピンも交換しました。

これでウィペン修理は完了です。
次はダンパー修理に入ります。
by真帆

 

 

過去のおすすめ記事はこちら↓

新旧YAMAHAのアクション。

Vicotr ロゴ

Eastein,model U

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>